50年後も美しい家 ドイツSTO左官仕上げ塗り壁

N様邸 ドイツSTO左官仕上げ塗り壁が遂に完成しました!
美しい仕上がりの外観になりました。


こちらの塗り壁材は、アクリルをベースに天然石が配合された外壁です。

モルタルとは違うことと、下地のメッシュ・EPSと一体化していますので、このように曲げてもクラックが入りません。

建築後すぐが美しいのは当たり前ですが、この塗り壁材は時を経てもほとんど劣化せず、美しい品格のある家になります。

 

こちらは仕上げ剤を塗る直前。
白いペンキのような部分はプライマーと言って仕上げ剤の密着を良くするためのものです。

プライマーを全て塗った状態です。
真っ白です!
ギリシャの街並みのお家みたいでこれはこれで素敵ですね。

もう10年近く、STO外壁塗り壁材を専門で施工している職人さんが5人がかりで一気に仕上げていきました。
外壁左官材としては珍しいものになるので、熟練した技が必要なのだそうです。

こうして完成したドイツ製STO工法の外壁。
下地となっている外張り断熱のEPSは、南極の昭和基地にも使われているものと同じものです。
南極という過酷な環境にも関わらず、断熱性が建設当初の性能に比べ40年経過してもほとんど劣化しないことが確認されています。

ご希望の方はいつでもご見学が可能ですので、お気軽に弊社までお問い合わせくださいませ。

宮崎市での家づくりのことなら正工務店へ。

注文住宅、リノベーションをご検討の方は、こだわりの設計・デザイン・施工・アフターサービスまでワンストップで提供する正工務店へご相談ください。

お客様の目線に立った住まいの夢をかなえるお手伝いをさせて頂きます。

株式会社 正工務店
宮崎県宮崎市大字赤江1372-5
TEL:0985-53-3699 FAX:0985-54-2633