「人生二度目に建てる家」グラスウール施工

「人生二度目に建てる家」

 

正工務店が真面目に施工している部分、壁内部のグラスウールの施工中です。

グラスウールは、断熱材の中でもコスパナンバーワン!

一番低価格で断熱性能もよく、不燃材なので火事にも強いのですが、大変なのが施工です。

施工する人のやる気ひとつで断熱性能がかわってきます。

断熱材をその数値どおりに断熱性能を発揮させるには、「隙間なく施工すること」が大事です

 

「隙間なく施工すること」

 

そう、隙間なくがめっちゃ大切なんです。

断熱材の中でも比較的高価なセルロースファイバー吹付やウレタン吹付け施工は、隙間なく施工できることが断熱性能が高い理由のひとつなんですが、グラスウールを隙間なく施工する為には施工する人のやる気、情熱、根気にかかってきます。

 

例えばこういう隙間とか、よくできるんです。

間柱と窓まわりの下地枠との間。

ここにグラスウールを細かくいれて、

気密テープをして処理

こういう小さい努力の積み重ねで、冬温かく、夏涼しい家ができあがっていきます。

 

 

グラスウールの欠点として、湿気に弱いというのもあります。

 

なので、グラスウールに室内からの湿気が流入しないよう、気密テープでしっかり処理しています。

宮崎市での家づくりのことなら正工務店へ。

注文住宅、リノベーションをご検討の方は、こだわりの設計・デザイン・施工・アフターサービスまでワンストップで提供する正工務店へご相談ください。

お客様の目線に立った住まいの夢をかなえるお手伝いをさせて頂きます。