外張り断熱の家

 

 

 

 

 

外断熱工法のご紹介

 

 

 

 

耐力パネル施工

 

 

在来工法の木の軸組みに、耐震パネルを施工して耐震性と気密性を高めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

EPS断熱材

 

 

外張り断熱材を施工していきます。ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)という断熱材です。
EPSは雨水は通さず空気は通すので、建物の内部の結露を防ぎます。
建物の内側で断熱するのではなく、外側で断熱することによって、建物が外気の温度に影響されにくくなり室内の温度が一定に保たれます。

 

 

EPS‐発泡スチロール協会サイト

 

 

 

塗り壁仕上げ材

 

 

 

断熱材の上に直接、塗壁仕上げを行います。まずは強化繊維メッシュをはさみこみながらベースコートを塗ります。これでクラックが入りにくい壁面を一体化した面をつくります。従来のサイディング工法のようなコーキングもなく、雨水が入り込む隙間はありません。

 

仕上げには天然石が混合された樹脂アクリルの塗壁材を職人がコテ塗り仕上げしていきます。透湿性を有し、壁内の調湿に貢献します。割れにくく、劣化しにくい壁材です。

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る