耐震パネル工法

木造軸組み構造を基本に、外周部は耐震パネルを用いて耐震性を高めています。
従来の工法は土台、柱、梁で支え、筋交いという部材でゆがみを軽減するものでした。それを筋交いではなく耐震パネルで外壁全面を耐力壁とし、屋根・壁も構造用合板で固めることで建物を「線」ではなく「面」で支えサイコロのような箱状にして高い耐震性能を発揮します。また、筋交いがあると入りにくい断熱材も、すきまなく充填することができ断熱性能が増します。

屋根・床・外壁を構造用合板や耐震パネルで固める

施工中検査

所定の壁倍率を発揮するため、釘頭がのめりこまないように気を付けて、規定通りの釘ピッチで施工します。