気密工事

阿波岐原での長期優良住宅では、気密性をとるためにどんな方法がよいのか、コスト面も施工的にも一番良い方法を考えた結果今回は、桁上に面材をはる方法を採用しました。

これは下から見たところでよくわかりませんが、

上から見るとこんな感じです。

ぴたっと、隙間がないでしょ??

 

お客様には関係ないのですが、大事な大事な大工さん達の工事中の安全性も確保できます。

~施工中~

 

いつもは屋根のラインを断熱・気密ラインとすることが多いのですが、写真のような桁上を気密ラインとすることで小屋裏の空気を小屋裏換気で動かすことができます。

これは天井面に関してですが、外壁側はいつもどおり耐力面材によって気密性を確保しました。

耐震面材 あんしんパネルを使用しています。

 

壁、床ともに面材を使用しての気密性を確保し、隙間は徹底的に気密テープやコーキングで処理して

 

結果、施工中の気密試験ではC値 0.3c㎡/㎡ ととてもいい数字がでました!

 

※一般的に、C値 1c㎡/㎡以下だと高気密住宅と言われます。

宮崎市での家づくりのことなら正工務店へ。

注文住宅、リノベーションをご検討の方は、こだわりの設計・デザイン・施工・アフターサービスまでワンストップで提供する正工務店へご相談ください。

お客様の目線に立った住まいの夢をかなえるお手伝いをさせて頂きます。

株式会社 正工務店
宮崎県宮崎市大字赤江1372-5
TEL:0985-53-3699 FAX:0985-54-2633