H様邸 -吊収納-

H様邸、いよいよ大工さんによる木工事も終わりに近づいてきました。

壁の下地になる、プラスターボード(石膏)も貼り始めました。
お部屋の雰囲気が分かってきましたね。

こちら↓は和室の吊収納です。

浮いてます!浮いてます!

4.3帖と小さ目の和室ですが、収納の下を浮かせて板の間として同じ空間に使用するので6畳ほどの広さになります。
和室を広くとれない時に、収納を浮かせることで床面積を広くする方法はよく行います。
ただ、収納の隣に床の間が必要な場合、どうしても床の間と収納の間に柱か壁ができてしまいます。
それがデザインとしていいこともありますが、今回はすっきりと広く見せたかったので、柱をなくして吊収納にしました。

収納の下に支えがなくて、大丈夫なの?
という気持ちになりますが、うちの社長(父、正)や大工さんに聞くと笑いながら「大丈夫だよ!」とのことでした。
左側手前の柱は、上の方でしっかり固定しているので、丈夫にできています。
私にとっては初挑戦なので仕上がりが楽しみな吊収納です。
いよいよ来週からは内装仕上げに入ります!

宮崎市での家づくりのことなら正工務店へ。

注文住宅、リノベーションをご検討の方は、こだわりの設計・デザイン・施工・アフターサービスまでワンストップで提供する正工務店へご相談ください。

お客様の目線に立った住まいの夢をかなえるお手伝いをさせて頂きます。