外観ができてきました

着々進行中のH様邸。
外部工事も進み、重厚感ある和の佇まいがでてきました。


↓上の写真とちょっと違いが分かりにくいですが、外壁材や屋根廻りの下地材も張られた状況です。外観は、屋根廻りの破風・鼻隠し・軒裏の塗装をして樋がかかればほぼ完成となります。破風・鼻隠し部分は瓦や外壁のブラック色にあわせる予定です。塗装が終わったらグッと引き締まった印象になりそうです(*^_^*)年明けから始まった工事もついにここまできました!

玄関廻りの軒裏には雰囲気の出る木材を使用しました。
本当は、破風・鼻隠し(瓦のすぐ下の白い部分)も木材をまわすと雰囲気がよいのですが、将来的なメンテナンスを考え塗装仕上げにしました。見た目だけでなく長いスパンのお手入れや耐久性を考えることも大切です。

軒裏に張った木は、水に強い栂(つが)という樹種で節がなく木目がとても美しい木です。
今は少し白木っぽいですが、時間が経つともっと深みを増してきます。


上の赤いでっぱり部分は外部水栓の引込です。サーフィンをされるご主人さんのご希望で、今回はお湯もでる水栓をつけることになりました。
最初は紙の上だけの計画だったお家が、こうやって少しずつできていくのは本当に感慨深いですね~!