漆喰の塗り壁

気が付いたら彼岸花があちこちに咲き乱れています。

そういえばお彼岸の季節も終わってしまいました。
遅くなったけどお墓参りに行かなくっちゃ!

もうすぐN様邸リフォーム工事も完成に近づいてきました。

↓    ↓    ↓

↓    ↓    ↓

居間の解体が終わり、壁の一部にタイルが貼られ、塗り壁工事が始まりました。
今タイルが貼ってあるところは、もともとキッチンがあった場所です。
キッチン前の出窓だったとは思えないような、雰囲気になってきました。

塗り壁工事

職人さんが手作業で仕上げていきます。

お客様立ちあいのもと、職人さんと塗りパターンの確認をしました。
手作業になるので、職人さんが変わればひとつとして同じ塗り方はありません。
だから最終的な模様のパターンは実際に塗る職人さんのもと、最終確認します。

今回は「将来、張替えなくていいもの」をN様からご希望頂き、漆喰を使用しました。
壁には普通、壁紙(クロス)を使用することが多いですが、昔ながらの塗り壁材にはいいことがたくさんあります。
* メンテナンスが容易
* 通気性があるので結露が少なくなります。
* カビの発生を抑えます。
* 静電気の発生を抑えます。
* 家庭臭・料理臭・を中和します。
* シックハウスを和らげてくれます。

こちらで取り扱っている漆喰は調色が可能なので、ナチュラルな色合いにも、カラフルカラーにもすることができます。
来週には、室内の工事は終わる予定。
仕上がりをまたアップしますのでお楽しみに~♪